戦国乙女~桃色パラドックス~第5話「怪談乙女」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 戦国乙女~桃色パラドックス~ » 戦国乙女~桃色パラドックス~第5話「怪談乙女」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国乙女~桃色パラドックス~第5話「怪談乙女」の感想

久々のマサムネ!
戦国乙女5
もっと出してください

鷹狩の最中、ノブナガたちは腹グロキャラのイエヤスに誘導され森の中に入るが、そこで亡霊たちと向き合うマサムネを発見する。というか、何やってんだこのお方・・・。
どうやら亡霊に捕まり、百物語をさせられているみたい。ノブナガたちは面倒くさいから逃げようとするも、呪いをかけられ森から出ることができなくなってしまう。
相変わらずすごい強引な展開(;´Д`)だがそれがいい

結局ノブナガの眼光でこれまた強引に百物語を終わらせ呪いを打ち破るのですが、イエヤスが仕組んだものではないみたいです。
陥れようとしたノブナガが亡霊たちにも認められてしまったので、しばらく様子を見ることに。
前回破ったケンシンとシンゲンを友好キャラとして再登場させるあたり、なかなか分かってますねえ。女体化アニメはキャラ命ですから(*´ω`*)



「戦国乙女」の商品
  


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/88-1685b454

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。