もしドラ第6話「みなみは戦略と現状について考えた」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) もしドラ » もしドラ第6話「みなみは戦略と現状について考えた」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしドラ第6話「みなみは戦略と現状について考えた」の感想

野球部員の栄養補給食品
もしどら6
カスタードクリーム味らしい・・・

次のマネージャーの仕事は、大会や新入部員のための選手の評価。
そこで取り入れたのは「トップマネジメント」。この話においては、仕事分担という意味合いみたい。みなみは客観的評価ができるということで人事を担当することに。
新入部員を面接して最適な人間だけを入部させ、落とした人間を他の部活に紹介させるという手段をとる。部活でそんなことまでするのか!?Σ( ゚ー゚*;)
元から入部制限を告知しているとは思いますが・・・してなかったら反発必至だろうなあ。
もしどら6_2
悩むみなみ。何故か巨乳化。

そして新入部員とレギュラーが決まり、新キャプテンにはメガネの二階が就任する。
二階マジ号泣(´;ω;`)よかったね乾君!


「もしドラ」の商品
  

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/85-36a3fd7c

◎もしドラ第6話みなみは戦略と現状について...

大学生の練習試合、負けたけど手ごたえがあった。守備は前身守備、ピッチャーは変化球の練習をする。そして、休憩時間ミナミさんのまずいオニギリを食べる。入部希望者をきくと、え...

2012-03-14 02:26 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。