もしドラ第5話「みなみは過去の野球を捨てた」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) もしドラ » もしドラ第5話「みなみは過去の野球を捨てた」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしドラ第5話「みなみは過去の野球を捨てた」の感想

前回掲げられた「ノーバントノーボール作戦」を実際に試合で行う今回。
ストライク先行で送りバントをしないという極端なもので、これをイノベーションと捉える。
だけど、相手大学生じゃねーか!(;´Д`)

案の定フルボッコにされるも、回を追うごとに作戦の効果が現れはじめ、最後の最後に2点を挙げる。
普段通り試合をして2点あげるより、革新的な作戦で2点をあげるほうがより貴重ですね。新しく始めたことの効果がすぐに現れたという実感にも繋がりますし(*´ω`*)

どうしてみなみがこんな張り切っているかというと、全て夕紀のため。
過去野球をやっていたけれど、女ということで野球選手への道を諦めたみなみ。落ち込んでいる時、ずっと慰めてくれたのが夕紀だという。( ;∀;)イイハナシダナー
もしどら5
バッセンでも軽々当てます

しかし夕紀は、手術することに・・・。


みなみのおかげでいい方向へと導かれている野球部。
けれどなんとなく、一波乱がありそうな予感(´・ω・`)

Amazon:「もしドラ」OPテーマ 夢ノート(特別盤)
Amazon:もしドラ page:2 [Blu-ray]

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/81-3a70af9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。