C第3話「conspiracy(陰謀)」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) C » C第3話「conspiracy(陰謀)」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C第3話「conspiracy(陰謀)」の感想

三國の誘いに戸惑っていた公麿は、育ての親である協子叔母さんの元を訪ねる。そこで見た父親の日記には、無数の数字とミダスの文字が。

情報を集めるため金融街へ向かうと、三國に案内されあるカメラマンから父親の情報をもらう。
公麿の父親はディールで破産し、首を吊って自殺・・・(´;ω;`)
しかし父親は自分のためではなく、家族のために金を稼いでいた。そして安定とは自分のためにしか金を使わないことだと諭され、公麿は思い直す。
いいか悪いかは別として、不器用な親子ですなあw
C3 父親の日記
日記には公麿を抱く父親の写真が。

一方、IMFに所属するサトウという女が金融街を調査しにきていた。金髪美人さん(*´д`*)
ちょこちょこディールをしたり観戦したりしているのだが、まだ金融街、そして三國という男の実態を掴み切れていない。
金融街から流れてくる金が悪ばかりではない、ということも知るサトウは、金融街を仕切る三國が目を掛けた少年・公麿の動向も見守っていた。
C3 サトウ
タバコじゃなくてアメです。


父親との決着を一応つけた公麿は、これから積極的に金融街に身を投じそうですね。
IMF側もどう動いてくるのか楽しみです(≧ω≦)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/75-5cbaf98b

[ C ] 第3話「conspiracy(陰謀)」

「ディールを続けろ 金を稼げ、それを何かの為に使え」 何の為にお金を使うのか――… 公麿の父親も 金融街でアントレを!?    【第3話 あらすじ】 公麿は父が失踪し母が亡くなって以来自分を育ててくれ...

2011-04-30 16:01 │ from WONDER TIME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。