イチカとさよなら、そしてMIBがやってくれた あの夏で待ってる第12話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) あの夏で待ってる » イチカとさよなら、そしてMIBがやってくれた あの夏で待ってる第12話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチカとさよなら、そしてMIBがやってくれた あの夏で待ってる第12話

愛の逃避行ならぬ逃亡劇、若いすなあ(*´д`*)
りのんや姉の助けも借りて、ようやく記憶にある場所へとたどり着きますが、せっかく痕跡を発見したのに空間のシールドが破られイチカは連れ去られてしまいます。
なつまち12
なつまち12_2

サヨナラ先輩(´;ω;`)

で、その後。
海人たちはそれぞれの生活に戻り、姉の七海も帰還。檸檬先輩は事情で転校することに。
なつまち12_3

やっぱりその手のお方だったんですね檸檬先輩・・・。

檸檬先輩から撮影した映画フィルムを受け取った海人たちは、夏を思い出しながらフィルムを鑑賞します。
その映画は、学校に残され恒例の上映会で公開されることになったのでした。
なつまち12_4

しかしりのんは檸檬所属のMIBの特別顧問とかになってるんですが・・・(笑)


【適当な総括】
かの有名なおねティシリーズのスタッフ陣がいるということで、実質おねがいシリーズものと見ていいと思います。設定も似通ってますしね。内容は王道ラブコメであり決して第1話のようなSFモノではないので、入り方によって賛否両論になるかと。宇宙人設定なんてあってないようなものなので。
主人公とヒロインの関係だけでなく、仲間内の微妙な心の動きや恋愛関係のズレはよく表現されてましたね。特に柑菜。というか柑菜の失恋物語として見た方が面白いという・・・。
キャラは全員魅力的なので、青春恋愛としてはなかなかいいと思います。


 

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/730-5b4596ed

2012年01クール 新作アニメ あの夏で待ってる 第12話 雑感

[あの夏で待ってる] ブログ村キーワード あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」 感想 #Ichika2012 #ep12 ある夜、霧島海人は趣味の8mmカメラで湖周辺の夜景を撮っていたが、突然光り...

2012-03-28 16:26 │ from 妖精帝國 臣民コンソーシアム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。