駆け足展開、ハッピーエンドでいいの? ギルティクラウン第22話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) ギルティクラウン » 駆け足展開、ハッピーエンドでいいの? ギルティクラウン第22話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆け足展開、ハッピーエンドでいいの? ギルティクラウン第22話

ついに真名がお目覚めに(*´д`*)
ギルクラ22

咄嗟に弟である集へ駆け寄ります・・・が、集は真名を拒否(´;ω;`)カワイソス
そして黙示録が始まり、次々と人々は硬化していき、真名からヴォイドを取り出した涯は、集と対決をします。
押され気味の集ですが、いのりの記憶を封じた結晶からヴォイドを取り出し、涯を討ちます。あれ、意外にあっさり決着が・・・?(;´Д`)

涯は真名を解放し役目を終わらせるため魔王となり、集がきてくれることを望んでいたようです。それを聞き届けた集は世界中のアポカリプスウィルスを一身に引き受けます。
ギルクラ22_2

しかし、いのりがそれをずべて引き受ける形で、集は解放されます。

で、後日談。
ギルクラ22_3
ギルクラ22_4

ああ、結局義手になっちゃったのね。そしていのりはずっと心の中にいる、と。
ちょっと駆け足気味ですっとしない最後ですなあ・・・。


【適当な総括】
前半と後半が結構違う雰囲気で、序盤の主人公ヘタレ展開で切ってしまった人も多いと思います。期待していたバトルは後半に多く、また主人公の集が活躍するのも後半。そこまで(ある意味)我慢できるかどうか、ですね。前半のへたれは物語的に必要描写ですが、なかなか入り込めない原因はヒロインのいのりにあると思います。姉の真名との関係があるにしても、二人の描写が薄すぎていのりに感情移入できないのが問題。いきなり守るだの惹かれただの言われても、ねえ・・・。
作画は全編通して安定。アニメーションも優秀で見所があります。メディアミックスもあるようですが、もう少し本編に力を入れて欲しかったです。


 



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/727-e8e23469

ギルティクラウン phase22「祈り:convergence」

ギルティクラウンの最終話を見ました。 The Everlasting Guilty Crown 【【初回生産限定盤】 【CD Maxi】価格:1,575円(税込、送料別) phase22 祈り:convergence 「いのりを糧に真名が復活する。...

2012-03-24 17:00 │ from MAGI☆の日記

ギルティクラウン 第22話「祈り:convergence」

「僕に命を預けて 信じてくれる人がいるんだ  僕はまだ終われない、必ずいのりを取り戻す――!」 真名の復活により 四度目の黙示録が世界を襲う! 涯と戦う集、その結末は――…    【最終話 あらすじ】 ...

2012-03-24 20:52 │ from WONDER TIME

ギルティクラウン「第22話 祈り:convergence」/ブログのエントリ

ギルティクラウン「第22話 祈り:convergence」に関するブログのエントリページです。

2012-04-03 10:23 │ from anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。