集さんが悟りを開きかけてる ギルティクラウン第20話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) ギルティクラウン » 集さんが悟りを開きかけてる ギルティクラウン第20話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集さんが悟りを開きかけてる ギルティクラウン第20話

父である桜満黒周の日記を涯から預かった四分儀が、集の元へ戻ってきます。
ゲノム理論を構築した黒周は、真名を授かり妻の故郷で暮らし始めます。
そこで隕石から得たウィルスを分析すると、ゲノム共鳴で活性化させると組織を硬質化させるアポカリプスウィルスになることが判明。真名はそれを利用しようとします。
ギルクラ20

一方茎道は次代を担う真名のつがいを得るため人体実験を繰り返します。そこから逃げ出し、真名に拾われたのが涯ということですね。
その茎道の妹が義母の春夏。入籍して初めて迎えたクリスマスがロストクリスマスになり、嫉妬した茎道は黒周を殺害した、と。悲しいですなあ(;´Д`)

涯を止めるために集は供奉院をバックに旅立ちます。Fラン君とも仲直り。名前何だっけ(`Д´≡`Д´)??
ギルクラ20_2

だが忘れたはならない・・・こいつのせいで祭が死んだことを・・・(笑)
次回はいよいよ最終決戦という感じですかね。


 

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/709-d762a148

ギルティクラウン「第20話 追想:a diary」/ブログのエントリ

ギルティクラウン「第20話 追想:a diary」に関するブログのエントリページです。

2012-03-10 19:50 │ from anilog

ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」

「あの日 俺は運命から逃れようとして  より大きな運命に絡め取られたんだ  そうだろう? 集――…」 クロスと茎道、そして涯の過去が明らかに――! 今ある世界は終わり新たな世界が始める、4度目の黙示録を...

2012-03-10 21:00 │ from WONDER TIME

ギルティクラウン 20 追想:a diary  レビュー

窮屈ね… この子偽物のくせに頑固なんだもの… でももう少しで全部私になるわ。 そうしたら楽しい事いっぱいしましょうね… トリトン 涯がいのりを真名って呼んでいるし… いのりがもう真名っぽくなってるぅううううう 儀式は進んでいたのか…!? それにしても、楽しい...

2012-03-13 08:45 │ from ゴマーズ GOMARZ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。