集さんといのりが黒化しつつある ギルティクラウン第16話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) ギルティクラウン » 集さんといのりが黒化しつつある ギルティクラウン第16話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集さんといのりが黒化しつつある ギルティクラウン第16話

亞里沙救出のために潜入した元葬儀社のアルゴですが、ヴォイドランク制を敷き王として君臨する集さんを見て驚愕します。
アルゴがいたころはヘタレ集さんだったからギャップがあるんでしょうねえ(;´Д`)

反発するアルゴは集らによって捕まってしまいますが、鶫の協力を得て脱出し監禁されている亞里沙への接触を図ろうとします。
それを追いかける集と谷尋、そして新たにスカウトしたAランクの生徒。
集とアルゴはタイマンで殴り合いますが、天井から落下してきた資材によって傍にいた生徒のヴォイドが破壊され、それに伴いアポカリプスウィルスが発症。
ギルクラ16

どうやらヴォイドが破壊されるとその持ち主が死亡してしまうらしいですね。
祭の身に起きたことと情報が違うことを集は谷尋に問い詰めますが、谷尋は知っていながら隠していたようです。やっぱりこいつ怪しいんですよねえ(笑)
集は谷尋を責めるかと思いきや、引き留めるアルゴのヴォイドを抜き取ってしまいます。

それを目の当たりにした亞里沙は外部へ連絡を取ろうとしますが、いのりによって襲撃されます。
ギルクラ16_2

いのりというか真名に近い存在になっているのかな。

最後のシーン、茎道の元についている母の春夏が見ていたものは涯なのかな?なんだか敵になりそうな雰囲気ですが。


 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/673-11144214

ギルティクラウン 第16話「王国:the tyrant」

「僕に服従を誓って下さい、さもなくば――…」 ヴォイドによるヴォイドのための王国―― しかし、死の危険と隣り合わせの事実が明らかに…    【第16話 あらすじ】 供奉院アリサを救出するために、封鎖...

2012-02-11 19:47 │ from WONDER TIME

ギルティクラウン「第16話 王国 the tyrant」/ブログのエントリ

ギルティクラウン「第16話 王国 the tyrant」に関するブログのエントリページです。

2012-02-19 01:30 │ from anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。