戦国乙女~桃色パラドックス~第4話「対決乙女」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 戦国乙女~桃色パラドックス~ » 戦国乙女~桃色パラドックス~第4話「対決乙女」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国乙女~桃色パラドックス~第4話「対決乙女」の感想

武田シンゲンと上杉ケンシンは、日課のごとく戦いを繰り返していた。今日も今日とて、宴の席でのちょっとした言い争いから、武力対決をする始末。史実通りの二人ですなあ。
この二人も甲冑を保有しているということで、ミツヒデは策で陥れ甲冑を奪うことを提案するが、ノブナガに一蹴されてしまう。
ミツヒデってつくづくいいとこがないなあ・・・(;´Д`)
ミツヒデ
褒められるのは妄想だけなんて悲しい(´;ω;`)

そんな不遇のミツヒデ、どうにか甲冑を奪おうと挽回作戦を企てる。
それを見つけたヒデヨシは口封じのため捕縛されるが、ノブナガに救出されバレてしまう。
ノブナガはどうしたかというと、シンゲン&ケンシンの戦いに乱入(笑)
しかも強いよこの人・・・剣から炎とか出すし・・・。

あっさり勝利したノブナガ。シンゲンは甲冑をやる代わりに首を刎ねろと言うが、ケンシンがそれをかばう。
剣を首に差し出すノブナガ・・・だが、刎ねる価値はないとそのまま踵を返し立ち去ってしまう。
カッコエエー!(*´ω`*)
感銘を受けた二人は甲冑を差し出し、己を磨き上げるためまた戦いに励むのであった。


武の達人をあっさり片付けるなんて、ノブナガはチートキャラですな。
しかし今日はマサムネが出なくてがっかり模様(´・ω・`)

Amazon:「戦国乙女」オープニング&エンディングテーマ限定版(CD+DVD)
Amazon:「戦国乙女~桃色パラドックス~」劇伴
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/67-b5a06732

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。