もしドラ第1話「みなみは『マネジメント』と出会った」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) もしドラ » もしドラ第1話「みなみは『マネジメント』と出会った」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしドラ第1話「みなみは『マネジメント』と出会った」の感想

ベストセラーとなった「もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(通称もしドラ)が何故かアニメ化しちゃいました(笑)

あらすじ。
都立程久保高校二年の主人公・川島みなみ(帰宅部)は、入院中の野球部マネージャー・宮田夕紀の代わりに弱小野球部へ入部する。
昔からの親友である夕紀ため気合を入れるみなみ。そんなみなみがマネジメント本として購入したのは、野球の本ではなく経営学・ドラッガーのマネジメント本だった。どんだけドジなんだよ・・・(;´Д`)
最初の挨拶でいきなり「甲子園に連れて行く」と宣言したみなみは、手にしたマネジメント本で野球部改革に乗り出した。
みなみと夕紀
みなみと夕紀。昔、一緒に野球をやってたみたい。

マネジメントアニメなのか野球アニメなのか、まだよく分かりませんねえ(´・ω・`)
しかし何故夕紀は病室で麦わら帽子を被ってるんでしょΣ( ゚ー゚*;)

Amazon:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
Amazon:もしドラ page:1 [Blu-ray]

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/66-67651c46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。