立ち直った集さん、もう一人の能力者登場に唖然 ギルティクラウン第11話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) ギルティクラウン » 立ち直った集さん、もう一人の能力者登場に唖然 ギルティクラウン第11話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち直った集さん、もう一人の能力者登場に唖然 ギルティクラウン第11話

GHQにウィルスをばら撒いたのは葬儀社だと宣言されてしまったようですね(´・ω・`)
実際の葬儀社は壊滅状態にあい、通信で集がいないからこうなったと罵ります。いやそうだけどさあ・・・w
集は羽田に集う葬儀社の残党を助けるべく友達を呼び、ヴォイドの力を見せて協力を請います。
ギルクラ11

祭のヴォイド。治療の力を持つ包帯のようですね。

GHQを抜け出した春夏は涯・いのりと接触し、ウィルスの影響を消し去る歌を街へと届けます。そこへ向かうため、集は友達のヴォイドを駆使し車を走らせます。
ギルクラ11_2

いのりの歌の力ぱねえ(;´Д`)
いのりの元に辿り着いた集ですが、集と同じ能力を持つ謎の金髪少年・ユウによっていのりのヴォイドが引き出され、涯が切りつけられてしまいます。
ギルクラ11_3

こいつは一体何者なんだ!?
今度は王の能力者vs王の能力者という構図になるのでしょうか・・・。


 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/615-d98d4c08

ギルティクラウン phase11「共鳴:resonance」

ギルティクラウンの第11話を見ました。 phase11 共鳴:resonance 「涯、まさか…!?」 「違う、これは…」 東京にロストクリスマス以来のカタストロフが引き起こされ、キャンサー化の波は敵・味方の区別...

2011-12-24 21:46 │ from MAGI☆の日記

ギルティクラウン 第11話 「共鳴 -resonance-」 感想

「ギルティクラウン」  第11話 「共鳴 -resonance-」 の感想記事です。   1クール目の最終ってコトで、色々明かされると思ってたけど、   どうやら次回に持ち越しのようですね。   ちなみに次回からは、新OP&EDがお披露目になりそうです。   楽しみ 楽?...

2011-12-25 19:04 │ from アニメとゲームと情報局!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。