ギャグが入り乱れるバトル開始 境界線上のホライゾン11話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映中) 境界線上のホライゾン » ギャグが入り乱れるバトル開始 境界線上のホライゾン11話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャグが入り乱れるバトル開始 境界線上のホライゾン11話

なんかトーリがすごい術式使ってるぞ!?

「悲しい感情を持つと死ぬ」というリスクで自分の全能力を任意対象に伝播する術式を持ち、副王権限で武蔵の流体燃料の4分の1を仲間に補充する。――wikipediaより抜粋

すんません、もうめんどくさいので抜粋してきちゃいました(笑)このおかげで仲間は無尽蔵に術式を使えるらしい。すげえな。
正純は教皇に相対し、ノリキはガリレオと戦闘を繰り広げます。
ホライゾン11

あれ、ノリキかなり強いんですが(;´Д`)キヨナリの手助けを借りてガリレオを撃破します。正純は教皇を陽動しただけなので、すぐさま降伏します。なんかもはやギャグだなおい!
一方二代は、立花宗茂と相対します。
ホライゾン11_2

あ、こっちは意外とちゃんと戦闘してる。
二代は受け継いだ蜻蛉切を用いますが、宗茂は一度蜻蛉切による攻撃を知っているため無効化し、二代を退けます。そして大罪武装「悲嘆の怠惰」を武蔵に向かって撃ち放つと宣言。
これはピンチじゃないのか・・・(´・ω・`)



 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/595-e837060a

境界線上のホライゾン 第11話 「武蔵の不可能男」 感想

「境界線上のホライゾン」  第11話 「武蔵の不可能男」 の感想記事です。   トーリが主人公っぽい・・・ そりゃそうか。   今週は、かなりお笑いアリでしたね。   しかし、バトルシーンはいつもの超一級品!

2011-12-12 00:39 │ from アニメとゲームと情報局!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。