ついにアノ男が本性を現した 輪るピングドラム第17話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 輪るピングドラム » ついにアノ男が本性を現した 輪るピングドラム第17話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにアノ男が本性を現した 輪るピングドラム第17話

のっけから登場したプリンセスは、ピングドラムを入手しないと家族の誰かが罰を受けると言い放ちます。
日記を持っているのは真砂子とゆり。
ゆりは高倉家に恨みを持っていて、ピングドラムの秘密を知っているようです。それは多蕗も同様らしい。

翌朝、陽毬は病院を抜け出して苹果と共に買い物をしますが、夜までに投薬しなければならず、兄二人は陽毬を探しに行きます。
ピンドラ17

毛糸の種類に悩む二人ですが、そこにゆりから食事の誘いが。
その待ち合わせの場所の案内役としてきた多蕗は、付いてきた二人に対し高倉家に罰を与えると宣言。
ピンドラ17_2

多蕗まじ邪悪の笑み(;´Д`)
それにゆりと真砂子がピングドラムを巡って争うシーンなどもあり、物語の大きな転機を迎えそうですね。


 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/532-5d664c1f

輪るピングドラム「17TH STATION 許されざる者」/ブログのエントリ

輪るピングドラム「17TH STATION 許されざる者」に関するブログのエントリページです。

2011-11-07 11:07 │ from anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。