人形風守が可愛すぎて悶える UN-GO第4話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) UN-GO » 人形風守が可愛すぎて悶える UN-GO第4話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形風守が可愛すぎて悶える UN-GO第4話

風守が人工知能は7年前、新情報拡散防止法により葬り去されたプログラムであることが暴露されましたが、因果の機転により人形にプログラム意識を移し替えることに成功します。
あんご4

あれ、こっちのが可愛いやん・・・(*´д`*)けれど、このプログラムは誰かを庇っている様子。
しかしそこに、軍の指揮下である公共保安隊が新十郎たちを追いまわします。
因果の能力で逃れ佐々家に戻った新十郎は、風守の傍にいた医者もボディは人形の人工知能だったことを知り、風守の導きでとある部屋に招かれます。
あんご4_2

そこにいたのは死んだはずの駒守と、風守の元々のボディ。
あの日爆死したのは、人工知能を軍事利用するために侵入した情報機関の工作員だったようです。
自分の正しいことをしたと思っている駒守ですが、風守もまた家族を冤罪から守ろうと監視カメラを起動させていたらしい(´・ω・`)
人間は正しいことを求めると言った新十郎。正しいことをした風守は人間の心を持っていたのでしょうか。


 

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/531-582d4b38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。