女装変態男の哀れなる末路が笑える UN-GO第2話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) UN-GO » 女装変態男の哀れなる末路が笑える UN-GO第2話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装変態男の哀れなる末路が笑える UN-GO第2話

謎の女に配達を頼まれた無認可タクシーが指定された屋敷でトランクを受け取ると、その中に死体が入っている事件が発生。
死体はその屋敷の主・長田久子で、トランクを預けたのは別の男らしい。
容疑がかかったのは荒巻という人物。なんと女装癖があるようで、謎の女とトランクを預けた男の一人二役を演じていると海勝は推測します。
ただの変態さんかよ(;´Д`)

新十郎は、殺された主の娘・安に接触します。彼女は真犯人は別にいると主張し、夜長姫のことを呟きます。
ungo2

徹底抗戦を歌った戦時下のカリスマですが、その後放送禁止アイドルになったらしく、テロで一人死んでしまったみたい。
そして殺された久子は生みの親であると突き止めた新十郎と因果は、夜長姫のメンバーを問い詰めます。
テロで死んだ4人目は架空の存在で、その声は安の声を利用したらしい。安はその後声がバレるからと歌を禁止され、母親を殺してしまったらしい(´;ω;`)
ungo2_2

なお荒巻さんはなんか死にました(;´Д`)
新十郎は、海勝が関わっているのではないかと疑います。こいつもなんだか怪しいですねえ。
というか、展開が悪い意味で早い気がします。心情すっとばしで事件だけ追ってるような。。。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/506-6a3fe60d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。