徐々に物語が動き始める、そして次回はすごいらしい 境界線上のホライゾン第3話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映中) 境界線上のホライゾン » 徐々に物語が動き始める、そして次回はすごいらしい 境界線上のホライゾン第3話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徐々に物語が動き始める、そして次回はすごいらしい 境界線上のホライゾン第3話

夜の幽霊祓いに向け様々な準備をしている最中、トーリは後悔通りに行こうかどうか迷っています。つか挙動不審すぎだろ(;´Д`)
喜美はそんな弟を遠くから心配そうに見つめています。一人の告白がこんな大事になっているのには相当な理由があるみたいですが・・・(´・ω・`)

一方トーリの荷物を預かった正純も後悔通りへと足を運ぶと、父の正信とその友人である小西に出会い、後悔通りの事故について聞かされます。
10年前馬車に轢かれて亡くなった子がホライゾンのようで、そのとき傍にいた少年がトーリのようです。そのことを広く伝えられているということは、トーリってかなり有名な立場の人間なんですね(;´Д`)
ホライゾン3
まあ容姿からしてP-01s=ホライゾンですよね。

色々動いてるなーとは感じますが、キャラが多すぎ&シーン移り変わりすぎで未だ展開が把握できていませぬ(´・ω・`)
1クール終わるころには把握できているのだろうか・・・。


 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/497-ca780a03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。