軽快なテンポで心の闇を描く ペルソナ4第2話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) ペルソナ4 » 軽快なテンポで心の闇を描く ペルソナ4第2話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽快なテンポで心の闇を描く ペルソナ4第2話

クマに導かれテレビを介して元の世界に戻った悠たちは、小西早紀が遺体で発見されたことを知らされます。
陽介は前日真夜中テレビを見て、そこに早紀が映っていたことを告白します。その世界は、自分たちが入っていったテレビの世界かもしれないらしい。
再び潜ろうとした悠ですが・・・
P42

命綱つけて意味あんのか?www
まあ、案の定途中でぷちっと切れちゃうんですけど(;´Д`)
この世界で静かに暮らしたいという願いを悠に聞き入れてもらったクマは、二人を早紀が消えた場所に案内します。そこで二人は、陽介のシャドウ(負の心)と相対し、陽介はペルソナを覚醒させます。
P42_2

行方不明になった人たちは、自身のシャドウ(ユング的なものと思われますが)に食われてしまったんですかねえ(´・ω・`)

 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/494-7a62935f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。