美少女がかるたに出会うまでを描いた、ちはやふる第1話 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) ちはやふる » 美少女がかるたに出会うまでを描いた、ちはやふる第1話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美少女がかるたに出会うまでを描いた、ちはやふる第1話

BE・LOVEで連載中の末次由紀による少女漫画が原作です。

以下公式のあらすじ。

姉が日本一のモデルになることが夢である小学6年生の綾瀬千早は、転校生・綿谷新に「自分のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。
そんな新の夢は、競技かるたで名人になること。普段は大人しい新が真剣に札を払うその姿に衝撃を受けた千早は、幼なじみの真島太一も巻き込んでかるたの魅力に引きこまれていく。
聴力に優れた千早の才能に、そしてかるたを一緒にできる友達ができたことに新は喜ぶが、卒業後はみな別の道を歩むのだった。

それから4年後。高校生になった千早は、福井に戻った新がかるたから離れてしまったことを知るが、それでも、かるたを続けていれば再会できると信じ、太一と2人、瑞沢高校かるた部を設立する。


競技かるた・・・なかなか稀有な設定ですな(*´ω`*)
初回は小学生編ですが、他に高校生編があるのかな? メインは高校生編っぽいです。
ちはや1
ちはや1_2

少女漫画原作なので、絵柄がそれっぽいです。
あと主人公が若干、空気読めない子みたいですね(;´Д`)花咲くいろはの二の舞にならなければいいのですが。
かるたという地味な内容でどこまで展開させてくれるか期待です。



 

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/478-0f2ff91d

ちはやふる 第1話「さくやこのはな」

『小学生6年生の綾瀬千早が出会ったのは、福井から来た転校生・綿谷 新。大人しくて無口な新には、意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、夢中になって札を払う新の姿に衝撃を受ける。...

2011-10-05 19:38 │ from Spare Time

ちはやふる 第1話「さくやこのはな」

「始めて新とかるたをしたあの日  私が知ったのはかるたじゃなくて 新の情熱だったんだ!」 競技かるたとの出会い―― かるたで名人になるのが夢だと言う新に衝撃を受けた千早 ちはやふる (1) (Be・Loveコ...

2011-10-05 20:39 │ from WONDER TIME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。