魔乳秘剣帖第11話「胸杜の里」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 魔乳秘剣帖 » 魔乳秘剣帖第11話「胸杜の里」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔乳秘剣帖第11話「胸杜の里」の感想

乳流れを習得するには、乳に渦巻く気の流れ(乳気)を知らなければならないらしい。
その乳気を自在に操るのが乳流れ。なるほど、意外と単純ry
魔乳11_2

一方の桜花と影房は二人で江戸を満喫。影房に酒を大量につがれた桜花が胸幸のことを愚痴ったりしています。
魔乳11
ここにきて桜花株急上昇www

母親の話。
徳川に追われた胸杜千組は、宿敵である胸則の側室になり、そこで生まれたのが千房。
胸則は胸杜の秘術を得るため側室に迎え入れたらしい。しかし執拗に伝授を迫られた千組は、自害してしまいました。
それを聞いて、より乳流れを極めることを決意します。

しかしそこに、胸杜の里に千房がいると聞きつけた桜花と胸幸が・・・ヽ(;´Д`)ノ どうなるのやら。


 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/451-89590a86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。