NO.6第11話「伝えてくれ、ありのままを」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) NO.6 » NO.6第11話「伝えてくれ、ありのままを」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.6第11話「伝えてくれ、ありのままを」の感想

多くの人間を実験台にしたNO.6に罰を与えるため、マザーコンピューターを破壊してくれと懇願する沙布の願いを聞き、爆破装置を仕掛けたネズミ。
しかし、沙布を救出することだけを目的にした紫苑はブチ切れ(;´Д`)けれどネズミがその後負傷したのを見ると、慌てて治療に走っています。この子、どういう思考回路してんだ!?
NO611_2

街は蜂に襲われ、NO.6が壊れていくなか、脱出しようとした紫苑は銃で撃たれてしまいます。
しかしそこに沙布の歌声が聞こえ、紫苑は復活します(笑)
NO611
これはエリウリアス?

すべてが終わったあと、ネズミは紫苑にキスをして旅立ちます。最後までホモかこいつは!
例の赤ん坊は犬が連れてきてくれたみたい。でも血清のデータ?あれ踏みつぶしちゃっていいのか・・・


【適当な総括】
有名な小説家であるあさのあつこ原作のSFアニメでしたが、SF描写よりも内面描写のほうが多かったですね。大半が紫苑とネズミの喧嘩(とホモ描写)で、しかも内容がひどく感情的なのでキャラの思考が理解できず、途中で混乱してしまうかもしれません。
管理された都市と絶大な権力に立ち向かう主人公たちという流れは王道で、キャラが萌え萌えしくなく人間くさいのでその部分は受け入れやすいかなと。
何やらアニメは改変されているようなので、気になった人は原作を見るといいかもしれませんね。



 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/438-ee28c52e

NO.6 第11話「伝えてくれ、ありのままを」

「再会を必ず――!」 紫苑とネズミ、そしてNO.6の運命は…  沙布が… エリウリアスが見せたかった光景 NO.6もついに最終回――!    【第11話 あらすじ】 数々の苦難を乗り越え、ついに沙布のもとにた...

2011-09-16 20:20 │ from WONDER TIME

NO.6「第11話 伝えてくれ、ありのままを」/ブログのエントリ

NO.6「第11話 伝えてくれ、ありのままを」に関するブログのエントリページです。

2011-09-17 10:22 │ from anilog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。