輪るピングドラム第7話「タマホマレする女」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 輪るピングドラム » 輪るピングドラム第7話「タマホマレする女」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム第7話「タマホマレする女」の感想

多蕗とデートメールがきて苹果歓喜と思いきや、時籠ゆりの舞台鑑賞・・・(;´Д`)しかもその後、晶馬と共にパーティに誘われることに。哀れなり苹果・・・。
そのパーティで、なんと多蕗と時籠が婚約を発表ww落ち込む苹果でしたが、これも愛の試練と思い込んで、晶馬を巻き込み怪しげなことを実行します。

二人は女子高に忍び込み、タマホマレガエルという蛙を使用し、いわゆる惚れ薬を生成しようとします。日記を貸してもらうため、晶馬はしぶしぶ手伝うはめに。
ピンドラ7
きめええええ三 (lll´Д`)

それも上手くいかなかった苹果は、多蕗とアダルティな方法に持ち込むことにします。日記にはプロジェクトM=マタニティーの文字が・・・こやつ、本気か!?(;´Д`)



 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/373-03ad6510

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。