電波女と青春男第1話「宇宙人の都会」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 電波女と青春男 » 電波女と青春男第1話「宇宙人の都会」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波女と青春男第1話「宇宙人の都会」の感想

人気ラノベ・待望のアニメ化!

入間人間著のラノベ「電波女と青春男」のアニメ化である本作。


親の仕事の関係で都会の叔母の家に引っ越してきた主人公・丹羽真。
どうやらこの街は「宇宙人の見守る街」らしい。

叔母の家に上がらせてもらうのだが・・・
なんか床に寝てる
しかも布団で簀巻きにされて・・・だが叔母は華麗にスルー。エリオという名前の娘と紹介されるのですが、ぁゃι ぃ(;´Д`)

初登校を終え帰ってくると、「地球は狙われている」と呟くエリオ(布団を巻かれたまま)。
そしてピザを食べるエリオ(布団を巻かれたまま)。
なるほど、この子が電波女・・・そして宇宙人なのですねヽ(´ー`)ノ

設定が面白いですが、ラノベらしく(?)言い回しがちょっとくどく、主人公の独白が多すぎな気がします(ハルヒのキョンみたく)
なので、台詞が聞き取りにくい・・・これはちょっと致命的かもしれません・・・。

ED後に青春ポイント?というものが計算されていくのですが、本編と関わりがあるのでしょうか?
ヒロインとの出会いのインパクトは絶大なので、どう展開していくかが楽しみですね!

電波女と青春男 (電撃文庫)
電波女と青春男 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/35-190a3b05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。