異国迷路のクロワーゼ第6話「鳥籠 "Crinoline"」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 異国迷路のクロワーゼ » 異国迷路のクロワーゼ第6話「鳥籠 "Crinoline"」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異国迷路のクロワーゼ第6話「鳥籠 "Crinoline"」の感想

またまたアリスのご登場。
湯音と一緒に写真を撮るために、ギャルリへ迎えに来たアリス。あいかわらずクロードとは険悪ですが、写真を撮りたそうな湯音の顔をみるやいなや、しぶしぶOKを出します。甘やかしですなあ。

そして写真を撮るために、湯音とアリスの着せ替えタイム開始(*´д`*)
クロワーゼ6クロワーゼ6_2
クロワーゼ6_3クロワーゼ6_4
クロワーゼ6_5クロワーゼ6_6

ええのう・・・ええのう・・・(*´д`*)


アリスの姉であるカミーユも一緒に写真を撮るのですが、どこかその表情は寂しげ。
自分のやりたいことを我慢して今の立場に収まっている、というニュアンスの言葉を何度もつぶやきます。それは美しい姉と社交界に憧れるアリスとは正反対ですね。
湯音のことが心配になり迎えにきたクロードは、そのことについて何か知っている様子。カミーユとクロード、二人の間には一体なにがあったのでしょうかね?(´・ω・`)

そんなことより湯音ちゃんお持ちかえりしたいわ・・・アリスの気持ちがよくわかる・・・。



 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/322-b21d8f8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。