神様ドォルズ第5話「故郷へ…」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 神様ドォルズ » 神様ドォルズ第5話「故郷へ…」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ドォルズ第5話「故郷へ…」の感想

武未禍槌が遠距離の電撃攻撃があるのに対し、玖吼理は近距離攻撃しかないんですね(´・ω・`)
二つの案山子は市街地でバトルしてしまったので、多くの人に目撃されてしまいます。久羽子の父親にも。結局、その場は駆けつけた勾司朗がおさめます。

バトルで壊れた玖吼理を修理するため、日々乃含め一同は匡平たちの故郷である空守村に赴くことに。
そこでは隻である詩緒は様付けで呼ばれ、隻でない匡平は呼び捨てにされているようです。閉鎖的な村ならではっぽいですね。
日向家当主と勾司朗のシーンでもちらほらと伺えます。
神ド5
もはや勾司朗アニキのかっこよさを見るアニメと化しています

そのシーンでは、初めて村の情報を知ることができますね。当主と勾司朗が対立気味であること、詩緒に似た子の名前が桐生という名前で過去に奥の蔵に閉じ込められていたこと・・・ (((( ;゚Д゚)))オソロシイ

そして、当主は天照素という強大な案山子を操る隻を求めているようです。それが特別な事情で生まれてきた詩緒と桐生という双子みたいですね。
というか、そもそも案山子って何を目的とした道具なんでしょうかねえ?(;´Д`)



 



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/307-84eb251a

神様ドォルズ「第5話 故郷へ…」/ブログのエントリ

神様ドォルズ「第5話 故郷へ…」に関するブログのエントリページです。

2011-08-04 15:00 │ from anilog

◎神様ドォルズ第五話故郷へ…

タケミカヅチと、妹そっくりなキリオが出てくる。ウタオが助けに来る。そして、戦いになる。刑事に目撃される。こっちは、ナイフしかない。目からビームもあるが発射に時間がかかる...

2011-11-28 21:51 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。