輪るピングドラム第4話「舞い落ちる姫君」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 輪るピングドラム » 輪るピングドラム第4話「舞い落ちる姫君」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム第4話「舞い落ちる姫君」の感想

苹果がピングドラムを肌身離さず持っているのではないか?という疑問から、多蕗のデート先までついていくことになった晶馬。しかしそこには、多蕗の自宅にいた女・時籠の姿が。
美麗な佇まいのその女は、なんと有名な女優らしい!まじかよ多蕗やるじゃねーか!

苹果は運命に沿って果敢に行動するも、服はスカンクに汚され、弁当はカラス(とペンギン)に食われ・・・悲惨すぎるw
その様子が旧年代少女マンガチックな柄で喜劇チックに描かれています。
ピンドラ4

日記の通りキスを達成しようと行動していると、池に落ちてしまう苹果。救ったのは晶馬だけれど、多蕗が救出したということにして苹果の目的は辛くも(?)達成(;´Д`)

最後には日記に書かれていた赤い靴の女の子がエスカレーターから転落する、という何やら不穏な空気が流れていましたが、苹果自身が・・・? それとも別の場所でなにかが動いているのかな?



 



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/291-1bc2c85a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。