Steins;Gate第2話「時間跳躍のパラノイア」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) Steins;Gate » Steins;Gate第2話「時間跳躍のパラノイア」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate第2話「時間跳躍のパラノイア」の感想

オカリンの理解を超えた出来事はまだ続く・・・



生きていた紅莉栖のタイムマシン講義で反論するも、コテンパンにされる鳳凰院凶真・・・というかオカリン。
落ち込んだまま神社に行くと、まゆしぃとみ、巫女キャラが!
礼儀正しく乙女な仕草が可憐なその子の名前は、漆原るか(ルカ子)。

だが男♂
どこから見ても美少女にしか見えない!
だが男だ。

くそぅ、男のくせに美少女なんて反則じゃないか(*´д`*)


どうしても事故のことが納得いかないオカリンは、ネットを駆使して様々な情報を集める。
そこで発見したのがジョン・タイターに関する記事。
なんかすごいテキトーな名前に思える(*´д`;)
未来の世界からタイムトラベルしてきたというタイター。世界の分岐(世界線)について語り大いに話題になったのですが、何故かタイターに関する情報がない!

違和感はさらに連鎖する。

(実はジョン・タイター、作品設定ではなく実際の出来事を元にしたものなのです。
ネタバレを含んでいるので嫌な方はグーグル先生で検索しないように!)

オカリンとダルは再度、電話レンジ(仮)でバナナのゲル化を試みる。
しかし今度はバナナが消滅!
混乱したオカリンとダルは後ろを向くと、千切る前のバナナがゲル化・・・(((( ;゚Д゚)))さらに奥には実験を見つめる紅莉栖が!
紅莉栖はラボメンになるのだろうか( ゚ー゚)?


今回は設定の説明が結構多くあり、混乱してしまいそう(;´Д`)
キャラもるか、鈴羽、萌郁、フェイリスと続々登場し、一気に加速してきた感がありますね。
「不可思議な現象が続いている」という主軸さえ見失わなければ大丈夫・・・かもしれぬ(≧ω≦)

TVアニメ「STEINS;GATE」オープニングテーマ「Hacking to the Gate」【初回限定盤】TVアニメ「STEINS;GATE」オープニングテーマ「Hacking to the Gate」【初回限定盤】
(2011/04/27)
いとうかなこ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/27-ebf1a5e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。