異国迷路のクロワーゼ第3話「日本迷宮 "Labyrinthe du japon"」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 異国迷路のクロワーゼ » 異国迷路のクロワーゼ第3話「日本迷宮 "Labyrinthe du japon"」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異国迷路のクロワーゼ第3話「日本迷宮 "Labyrinthe du japon"」の感想

日本のことをもっと詳しく知ろうと、クロードはオスカーと湯音に一体どういう場所なのか尋ねます。
日本の家、家具、日本庭園・・・説明を受けるたび、クロードはますます混乱していきます。

↓正しい日本                               ↓想像の日本
クロワーゼ3クロワーゼ3_2

SD湯音ちゃん可愛ええ(*´д`*)
つーか、ジジイこっち見んなwww想像がもはや日本昔話レベルの情景じゃん(;´Д`)
アジア文化は欧米文化とは明らかに別物なので、受け入れるのも容易ではないでしょうなあ。

そんなクロードですが、湯音に対しては優しく接しています。
湯音が姉・汐音に安紙で手紙を書いているのを見ると、名前の一部である「音」の字を看板にして売り、得た金で綺麗な便箋を購入してきます。クロード△。

今回は、湯音の着物を買い取ったブランシュ家のお嬢様・アリスも登場しました。
クロワーゼ3_3

着物を着て喜ぶあたり、日本文化が好きなのかな?
まあ、お嬢様っていうよりおてんば娘のような気もしますが( ´д` )



 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/256-4277ebcf

◎異国迷路のクロワーゼ#3「日本迷宮」

ユネがアイロンをかける。日本にもユノシという似た道具がありますいう。オスカーは、長崎は木と紙の迷宮みたいだったないう。日本の建物は木と紙でできている。草の絨毯。おまえク...

2011-10-30 20:27 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。