R-15第2話「脱いだってあいどる!」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) R-15 » R-15第2話「脱いだってあいどる!」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R-15第2話「脱いだってあいどる!」の感想

次の取材対象の天才は、アイドルの天才である園声謡江。
多くのファンを抱える彼女の楽屋へ向かいますが、取材途中で来夏は「彼女はニセモノ」と言い出て行ってしまいます。
謡江自身もそれは感じているようで、才能でこなしているだけで本当の自分じゃないと告白します。なんて贅沢な悩みなんだ・・・(;´Д`)

丈途はもう一度謡江に取材するのですが、密室で二人っきりになったせいでいつものエロ妄想が爆発(*´д`*)
黒板に記したエロ小説を朗読し、謡江の心を解き放ちます。エロ妄想パワーぱねぇww
謡江は吹っ切れたのか、衣装まで可愛くなって再登場。
R152
R152_2

吹っ切れる前と後、一目瞭然ですな。
しかしエロ小説が意外な形で役に立ちましたね。それで心が解放されるほうもどうかとは思いますが(笑)



                


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/254-dbd4b151

◎R-15第2話「脱いだってあいどる!」

裸のアイドルの妄想で目を覚ます。ライカにサルだなといわれる。今回の取材対象は、ウタエだった。園声謡江(そのこえうたえ)声-柏山奈々美:歌手ランと、フクネも見に来てた。そ...

2011-11-06 15:25 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。