NO.6第2話「光をまとう街」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) NO.6 » NO.6第2話「光をまとう街」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.6第2話「光をまとう街」の感想

ネズミを匿ったことにより、特別待遇の全てを剥奪された紫苑。
それを訝しんだ沙布は紫苑に問い詰めるもはぐらかされてしまう。
シビレを切らした沙布は、紫苑の精子欲しい!セ○クスして!と夜の街で連呼www
理系女子が変態化するとこうなってしまうのか・・・色気もクソもねえ・・・(笑)しかも鈍感な紫苑はあっさり振ってしまう。これは後々後悔するレベル。

市の職員として働いていた紫苑は、市への不満をこぼした罪で連行されてしまう。
その途中、大人になったネズミが輸送車を襲撃、紫苑を救助します。
NO62

で、一緒にエリア外へと逃亡するのですが、数年ぶりに再会したにも関わらずやけに仲がいいですね。もっとこう、探り探り会話するのが普通だと思いますが・・・(´・ω・`)
治安局の追跡を振り切り、ゲートを突破し、ようやくエリアの外に出ます。
そこには荒廃した土地が広がっていました。
NO62_2

異様な雰囲気ですね・・・そして今まで住んでいた場所が壁に囲まれた閉鎖都市の様相を呈していることも判明しました。
外はいったいどうなっているんでしょうかね?



 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/246-ef2bd311

NO.6 第2話「光をまとう街」

「ようこそ リアルへ――」 ゲートの外に広がる真実 保安局に連行される紫苑を助けたネズミ、4年ぶりの再会    【第2話 あらすじ】 ネズミとの出会い、そして別れから4年後。紫苑はクロノスの居住権...

2011-07-15 20:25 │ from WONDER TIME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。