電波女と青春男第12話「秒速0.00000000198センチメートル」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 電波女と青春男 » 電波女と青春男第12話「秒速0.00000000198センチメートル」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波女と青春男第12話「秒速0.00000000198センチメートル」の感想

見学のお礼ということで今度は流子が草野球の応援にくることに。
電波12

くっ・・・これが青春か・・・!

前川さんも着ぐるみで到着かと思いきや、親父さんがプレッシャーに負けて逃亡し、女々さんが草野球監督として乱入することに。ああ、この人なんかやりかねないよ(;´Д`)
真は逃亡した親父さんを説得して連れて帰ると、いい場面で代打として送られることに。
20打席も凡退した中、それでも思い切り振りきって高々とボールがあがる! フライかと思われたボールは風によってなんと場外まで運ばれていきました。まじかよΣ( ゚ー゚*;
電波12_3
もはや別人

諦めず頑張れば結果が出るということですかね。
しかもホームランを打った真は女々さんから熱いご褒美が・・・
電波12_2

くっ・・・これも青春か・・・!
これで真の諦めの早い性格は少し改善したかな?(笑)



【適当な総括】
人気ラノベ原作とシャフトによる制作というコラボでしたが、とにかく作画がかなり良いです。巷で唇アニメとか何とか言われていますが、まさにその通りで、唇を始め女キャラの艶のある表情が多数。タイトルの通り電波キャラがほとんどですが、どちらかといえばアホの子の範疇ですので愛嬌があります。
難点はとにかく台詞がクドい。クドすぎる。ラノベラノベしい文章をそのままアニメキャラの台詞に適用してしまったせいだと思います。文章では風味があるのかもしれませんがアニメだとマイナスにしかなってないような。
ストーリーはないに等しいので、アホな子キャラが気に入れば作画もあって何も考えず楽しめると思います。アニメだと謎がまったく解決されてないけれど・・・。


 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/213-32b61acc

電波女と青春男 第11話/第12話

野球しようぜ!(違) 最後に困ったら野球をする。 最終回に野球をする作品はどうなんだろうw 連続放送になった2話はどっちも、もう少しだけ指先を伸ばそうと、努力する話?  ▼ 電波女と青春男 第1...

2011-07-01 21:21 │ from SERA@らくblog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。