Steins;Gate第13話「形而上のネクローシス」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) Steins;Gate » Steins;Gate第13話「形而上のネクローシス」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate第13話「形而上のネクローシス」の感想

まゆしぃとの思い出。
まゆしぃを人質に、というのは昔見ていたアニメの台詞だったんですね。まゆしぃの家族か誰かが死んで消えてしまいそうなところをオカリンがこの言葉で繋ぎとめているようです。
しゅたげ13_2しゅたげ13_3



まゆしぃが殺され絶望に伏しているところに鈴羽が乱入し、SERNのやつらを簡単に蹴散らしていく。何この娘かっこいいんですけど(*´д`*)オカリン側から情報を与えていないのにラボの状況を知っていたということは、鈴羽もSERNについて何かしら知識を持っているということですね。
そしてオカリンはマシンを起動、三時間前に無事移動します。
まゆしぃを探しだしラボから離れようとするも、電車が動いておらず。そう、タイムリープ前にもあった状況です。

シュタゲ13

遠くへ逃げることもできず、またSERNに追い込まれまゆしぃは死亡(;´Д`)

しゅたげ13_4

また巻き戻り地下鉄で逃げようとしても、今度はSERNではなく天王寺綯に突き飛ばされ電車に巻き込まれてしまいます。
ま、まゆしぃーッ(´;ω;`)
ううむ、三時間程度巻き戻ったところで、SERNどころか偶然に殺されることも回避できないということでしょうか。はたまた、偶然ではなく必然(天王寺綯に殺意があった)ということでしょうか・・・。
オカリンの苦悩はまだまだ続きそう。


 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/210-02cb216d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。