戦国乙女~桃色パラドックス~第13話「陽光乙女」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 戦国乙女~桃色パラドックス~ » 戦国乙女~桃色パラドックス~第13話「陽光乙女」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国乙女~桃色パラドックス~第13話「陽光乙女」の感想

とくにゃんも正気に戻ったことだし、これにて一件落着・・・かと思ったら、伊達先生がまだ諦めてなかったwww
世の中を正そうと甲冑を盗みます。しかしノブナガたちに発見されてしまい、甲冑を一刀両断してしまいます。ノブナガつええ!何者なんだ・・・もう無敵じゃないか(´ヘ`;)

伊達先生も諦め、ようやく平和が訪れます。
ということは、やってくるのはもちろんお別れ。ヒデヨシと伊達先生も宝珠の力を使い元の世界に帰還します。おそらくもう会わないだろうお別れだというのに、あっさりしているのが何ともノブナガらしくていいですね!
元の世界に戻ってからは、以前のように遅刻をするヒデヨシ(笑)
1話で出てきた、こちらの世界のアケリン&とくにゃんもいます。
戦国乙女13
戦国乙女13_3

戦国時代にタイムスリップした思い出を胸に、いつもの日常を過ごす――

かと思いきや、例の神社にヤツが!
戦国乙女13_3

シロが現代世界にやってきた!?Σ( ゚ー゚*;)

何か事情があるらしく、それをヒデヨシに耳打ちするところで、放送は終了! ぐは、いいとこだったのに!
冒険は続くENDのようですが、まさかこれは二期フラグなのですか!?

そういえば伊達先生が「この世界にマサムネがいなかった」と言ってましたが、マサムネの半月兜を装備してるあたりシロがそうなんじゃないですかねえ? 「本物がいたら甲冑を壊してた」と会話であった通り、シロも甲冑を壊そうとしてましたし。
謎は謎のまま、ですかね(´・ω・`)


【適当な総括】
パチアニメということで最初敬遠した人が多かったようですが、それを覆すくらい2話以降は面白かったですね。ストーリーが王道で、キャラ立てもすごくよく出来てると思います。以前も書きましたが、いい意味でB級臭さがあり、予定調和的展開ですが血なまぐさくないので血はちょっと・・・という人でも見られるのがGOOD。
戦国武将を女体化しているので、ジャンルが苦手な人は無理かな。付随して百合要素も若干あるので注意。
カミナ的には、戦国乙女は今期のダークホースだと思います。二期も是非見てみたいですね。


 


ちなみに、OPEDを歌っている天下取り隊のライブもあります。
詳細は以下。
戦国乙女歌謡祭 『宴会乙女』

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/209-84ab2a14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。