C第11話「control(未来)」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) C » C第11話「control(未来)」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C第11話「control(未来)」の感想

三國と公麿の最初にして最後のディール。やっぱり三國は強いですね(;´Д`)アセットのQもなんか時間停止技使ってきますし、スタンドバトルかこれは!と思うほど。いまさらですが、Qって三國の妹ですね。
けれど円の価値がだんだんとなくなっていき、現実にあふれるミダスマネーが消失し始める。そしてついに、市場が閉鎖してしまう。
そのことでCは日本を通過し、三國は敗北を宣言。公麿は輪転機を逆回転させ、未来を買い戻す。ということは、三國の妹は消滅するということですな。三國さん報われねえー(´;ω;`)

金融街は消滅し、アセットたちともお別れ。そこでキスをする真朱ちゃんかわええ(*´д`*)
C11

未来を取り戻し、公麿は目覚める。
日本は円ではなくドルが支配する国になっていたが、羽奈日を始め未来を失った人は幸せな日々を送っていた。
感慨にふける公麿だが、そこでもやっぱり真坂木登場(;´Д`)たとえ救ったとしても、金融街の存在は消えないんですなあ。
C11_2


この幸せな未来で、いつか真朱が登場するのかな? 羽奈日が「かつて想いを寄せた人」と説明されていたので、真朱が彼女という可能性もあるのか!?(*´ω`*)


【適当な総括】
お金がテーマということで経済用語やそれに関わる専門用語が多数出るかと思いきや、それほど知識がなくても楽しめるアニメでしたね。アセットやディールというバトル要素を盛り込んだこともプラスして、今風にしたのも大きいかな。ストーリーは異世界に放り込まれた主人公が世界の顔を知る、という王道チックなものなので追いやすかったです。三國という分かりやすい存在もいましたし。
ただ、尺が短い!これは結構な人が思っているみたいで、2クールのアニメを1クールにまとめてダイジェストで送りました、という印象です。個々の要素がいいだけに、本当に痛い・・・(´・ω・`)それさえ克服すれば、今年1、2を争う面白いアニメになったかもしれません。
真朱が良キャラかつ可愛いのでそれが救いだよ。ほんと。



 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/200-9d0bda96

◎C第11話「control(未来)」

ソウイチロウとキミマロの戦いになる。キミマロの5000万、ソウイチロウの十億。世界では、日本円の取引が無効になる。マシュがこうなったらマクロしかないいう。マシュとキュー...

2011-10-13 16:51 │ from ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。