俺たちに翼はない第11話「妹萌えという概念を知っているか?」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 俺たちに翼はない » 俺たちに翼はない第11話「妹萌えという概念を知っているか?」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちに翼はない第11話「妹萌えという概念を知っているか?」の感想

グレダガルドが鷹志の妄想であることがついに明日香にバレてしまいましたね。
どうやってバレたかというと、明日香自身、妄想の弟を持っていたことや(イマジナリーフレンド)、グレダガルドの元となったゲームを所有していたことから推理し、突き止めます。
おれつば11

多重人格であることをいち早く察知し、ずっと疑いをかけてきたのにはこういう背景があったんですね(´・ω・`)
察知できない人たちから鷹志たちはどう見えていたかと言うと、こんな感じみたいです。
おれつば11_2
おれつば11_3

おいおい無理があるんじゃないか!?
まあ、視聴者が判別しやすいようにしているだけで実際は見た目一緒なんですよね。

バレたことで引きこもってしまった鷹志を、明日香は何度も殴って引っ張り上げます。たんこぶを製造し目の周りに青あざが出来るまで殴り続けます (((( ;゚Д゚)))
現実を見ろ、ということですね。あれ、なんだかカミナの心がズダボロにされていくような・・・(´・ω:;.:...
明日香と鷹志はそれでいいかもしれませんが、他の人にとってはどうなんでしょう。特に子鳩にとって。



 



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/185-71090fb0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。