Steins;Gate第10話「相生のホメオスタシス」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) Steins;Gate » Steins;Gate第10話「相生のホメオスタシス」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate第10話「相生のホメオスタシス」の感想

変貌したのは秋葉原だけでなく、ルカ子の性別まで変わってしまったのか(;´Д`)
(男であれ女であれ)性別を確認するのにルカ子の股間をまさぐるオカリンはナチュラルに変態ですなあ(ノ´∀`*)

父親を探している鈴羽のためにラボメンはパーティを開きます。
なんだかんだいって、仲いいですねラボメンは。停電のトラブルの隙にオカリンと紅莉栖がいい雰囲気になってますし・・・
シュタゲ10
ウラヤマシイゾ

けれど、謎のメールもまた届きましたね。
なんだか薄ら寒い恐怖を感じさせる内容のメールがゼリーの画像と共に届きましたが・・・一体何なんでしょう?
シュタゲ10_3
ぁゃιぃ

結局、鈴羽はラボに来ないまま街から失踪してしまい、鈴羽を引き留めるためオカリンはまたしてもDメールを使用してしまいます。またもやどこかが変貌してしまったのでしょうか?
しかし、鈴羽の父親はバレル・タイターという名前だったとは。ジョン・タイターと苗字が一緒ですねえ。
そして、バレル・・・え、まさかそういうことなの・・・?Σ( ゚ー゚*;))
シュタゲ10_2




 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/170-d08b209c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。