戦国乙女~桃色パラドックス~第10話「心中乙女」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 戦国乙女~桃色パラドックス~ » 戦国乙女~桃色パラドックス~第10話「心中乙女」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国乙女~桃色パラドックス~第10話「心中乙女」の感想

本能寺の変キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

史実通り、ミツヒデは本能寺に滞在しているノブナガを殺害しようと火を放ちます。まさかマサムネにそそのかされて実行してしまうなんて思ってもみませんでしたね(;´Д`)
捕縛から逃げ出したヒデヨシに説得されノブナガの救出に向かうミツヒデは、逆に起き上がったノブナガに連れられ外に逃げます。
そしてちゃっかり人工呼吸を受けるミツヒデまじ策士!
戦国乙女10
完全にイッてます

ミツヒデも懲りたことだしめでたしめでたし・・・といきたいところですが、気になるのはマサムネ。どうやら彼女の目的は甲冑。混乱に乗じて甲冑を盗み出してしまいます。
戦国乙女10_2
凛々しいすなあ

何かをしようと企んでいるみたいですが、逃走中、イエヤスに発見されてしまい攻撃を受けるハメにΣ( ゚ー゚*;)
なんだか展開がラストに向けて盛り上がってきた感じがしますね。ヒデヨシちゃんとマサムネは元の世界に戻れるのでしょうか・・・?
戦国乙女10_3
邪悪そうな顔・・・の割に可愛い



 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/166-53553d27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。