Aチャンネル第1話「好き」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) Aチャンネル » Aチャンネル第1話「好き」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aチャンネル第1話「好き」の感想

『日常』より日常。



まんがタイムきららキャラットで掲載されている同名4コマ漫画が原作。

天然でドジッ娘のるん、
るんが好きすぎて近づく人間に牙をむくトオル、
怖がりでいじられ役のユー子、
クールな性格でツッコミ役のナギ。
4人の女子高生のユル~(´ρ`)~い日常を、ひたすら描く内容となってます。


しかしこれはホントにユルイぞ!?


日常系4コマなので、そりゃそうだっていうツッコミがきそうですが、他の作品とちょっと毛色が違うのです。
どういうことかと言うと、軸がないんです。

例えば有名な4コマアニメのらき☆すた、ひだまりスケッチ、けいおん!。
中身がないと言われがちなこれらのアニメ、実はらき☆すたは「オタクネタ・パロディ」、ひだまりスケッチは「美術」、けいおんは「軽音部」と、ユルい日常+さらに軸になる要素が1つ以上あるんです。
今期の日常も「非日常的シュールギャグ」がありますよね。

Aチャンネル1話だけを見るとユルい日常のみ。要素という要素がないのが特徴なのかも。
トオルの内面変化があるけれど、ちょっと弱い・・・。
そこをどう受け取るかで大きく評価が分かれそうです(´・ω・`)


なので、キャラ萌えやキャラ同士のかけあいがより重要となってくると思います。
カミナ的にはユー子推し(`・ω・´)

Aチャンネル 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]Aチャンネル 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/05/25)
福原 香織、悠木 碧 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/16-aa3baa49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。