電波女と青春男第8話「ツィオルコフスキーの祈り」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 電波女と青春男 » 電波女と青春男第8話「ツィオルコフスキーの祈り」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波女と青春男第8話「ツィオルコフスキーの祈り」の感想

女々さんって前川のバイト先の店長だったんですね。
キャリアウーマンっぽい恰好をずっとしていたので何をしているのか気になっていましたが・・・意外に身近にいたとは(笑)
そんな女々さん、田村商店のばあちゃんのために、ペットボトルロケットを打ち上げることを画策します。これは旦那のエリオットが宇宙人なんてやっつければいいという発言を受けてのことなのかな?
で、相手はばあちゃんの中に潜んでいた無気力という名の宇宙人、と。女々さんいい子すなあ。40歳迎えちゃったけど(;´Д`)
電波8
子供の女々さん。今とあんま変わってない気が

前回まで女々さんがところどころ出現していた理由が回収されましたね。伏線回収というほどのもんでもないですが。
こういうちょっとした裏話?の回は新鮮な気持ちで視聴できますね(*´ω`*
ま、真の耳障りな独白がなかったのが一番の原因ですが。


 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/159-7e3334a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。