Steins;Gate第8話「夢幻のホメオスタシス」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) Steins;Gate » Steins;Gate第8話「夢幻のホメオスタシス」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate第8話「夢幻のホメオスタシス」の感想

タイムトラベルが発生した際、オカリンだけが発生以前の記憶を引き継げるらしい。
オカリンは、その能力をリーディングシュタイナーと名付ける・・・って、あれ、なんかちょっとカッコイイ名前?(完全に毒されてる)

今度は萌郁とルカ子がDメールを使用しますが、萌郁はぁゃιぃんですよねえ。挙動不審ですし、IBN5100に固執してますし。
Dメールの内容は、萌郁は携帯の機種変更。
そしてルカ子は母に野菜を食べるよう指示して女の子に生まれ変わること。
いや待て、そ、そんなことがあっていいのか!? それは男の娘への冒涜ではないのか!?(違
シュタゲ8
けしからん、罰としてそのままでいろ

こんな簡単に過去を変更できるのなら、それはそれはいい人生を歩めそうだけれど、きっと弊害とかあるんでしょうね。
バタフライ効果のように、ささいな違いがどこかで大きなズレを生むような気がします(´・ω・`)


ミスターブラウンが主人公のコミカライズなんてあるんですねΣ( ゚ー゚*;)↓
 


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/140-2954717c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。