星空へ架かる橋第6話「桶が落ちるとき」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 星空へ架かる橋 » 星空へ架かる橋第6話「桶が落ちるとき」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空へ架かる橋第6話「桶が落ちるとき」の感想

みんなで勉強会を開くということになっても、大抵は勉強なんてしないものですよね。でもこの話みたく女の子が大勢いれば勉強が捗るのでしょうか・・・(´・ω・`)
う、うらやましくなんて(ry

もちろんよろづやに泊まりで行うということで、それなりのサービスシーンが!
でも湯気が! 湯気がああぁああ!!
これじゃ着衣のほうがエロイじゃないか!
ほしかか6
ピンポン玉は挟まらんだろ・・・(*´д`*)@円佳

そして初の過去が少し語られましたね。
兄を慕っていた初は兄の結婚、そしてキスシーンを見てしまい、兄を取られた気持ちになっていたようですが、その隙間を埋めるために一馬を兄と重ねているのかもしれませんね。

でも、二人の仲を少し嫉妬する円佳の描写があり、いわゆる初ルートには入らないのかな?
主人公の過去と関わりがありそうだし・・・たぶん幼い頃に出会って何か約束をしたというベタな展開を予想しますが、伝説のことをちょっと絡めてほしいですね。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/131-292a8afb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。