Steins;Gate第7話「断層のダイバージェンス」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) Steins;Gate » Steins;Gate第7話「断層のダイバージェンス」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate第7話「断層のダイバージェンス」の感想

タイムトラベルで過去に戻り宝くじを当てるとか、発想が庶民的ww
でも一目でわかり人体に影響のないものだからもしかしたら適しているのかもしれませんね(≧ω≦)

Dメールを使用してタイムトラベルに成功したオカリンは、前にも似たような感覚に陥ったことに気付く。それはラジオ会館前で人が消え去ったときと同様みたいだけど、ということはあの時タイムトラベルが発生してい、ということですよね(´・ω・`)
ここは別の誰かがタイムトラベルをした後の世界なのかな。
シュタゲ7
タイムトラベル時に出現する意味深な数字

タイムトラベルについてジョンタイターからもらった回答によると、オカリンはタイムトラベルによって移動した二つ以上の平行世界を観測できる(前後の記憶を維持できる)特別な人間らしい。そして、ディストピアである未来を救う救世主であるとも。
な、なんだか話がモノスゴク大きくなってきたΣ( ゚ー゚*;)

でも、慎重なオカリンがその話に乗るのかな? どう物語が動くんだろう(´・ω・`)







関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/126-fcc8538b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。