戦国乙女~桃色パラドックス~第6話「想出乙女」の感想 - ゆる報 アニメ感想ブログ

ゆる報 アニメ感想ブログ ホーム » スポンサー広告 » アニメ感想(放映済) 戦国乙女~桃色パラドックス~ » 戦国乙女~桃色パラドックス~第6話「想出乙女」の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国乙女~桃色パラドックス~第6話「想出乙女」の感想

それぞれの思い出話。

最初はミツヒデ。
道場で暇つぶしに相撲をやっていたノブナガに挑んだのが初体面・・・というか暇つぶしに相撲て(;´Д`)
ミツヒデのことを気に入ったノブナガは籠りがちなミツヒデを外へ連れまわすのだが、この人やりたい放題ですな!まあ、このくらい豪快な人でないと天下は取れない・・・のか?(´ω`)

次はノブナガ。
ノブナガの身に着けているキセルは、祖母のノブサダから授かったものみたい。
子供のころからやんちゃだったノブナガの素質をいち早く見抜いていたのかもしれませんね。

そして久々のマサムネキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ノブナガとヒデヨシが城内のからくりで遊んでいる間、マサムネはミツヒデと会う。
そこで、ノブナガはミツヒデに期待しているとけしかけるマサムネ。発破をかけるというより、ヒデヨシをノブナガから遠ざけようとしている気がする・・・。
描写を見る限り、どうやらマサムネ(というか先生)がヒデヨシを戦乱の世に引きこんだっぽい。その負い目があるのか、ヒデヨシの身を案じているといった様子なのかな?
甲冑集めの他、ここら辺の謎も解き明かしてくれるとありがたいですね(*´ω`*)

今日のマサムネ。
右目開眼&微笑むマサムネ(*´д`*)ハァハァ
戦国乙女6
戦国乙女6_2



「戦国乙女」の商品
  


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/108-8073acf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。